athlete knowledge

アスリートとアスリートを応援する人のための知識データベース

アスリートナレッジをご覧の皆さま、こんにちは。冨澤拓海です。今回は、組体操についての意見を述べさせていただきます。

皆さんは組体操といえば、何を思い浮かべるでしょうか? 多くの方が「倒立」「サボテン」などではなく「ピラミッド」や「タワー」を思い浮かべるかと思います。5段ピラミッド、4段タワー、体育祭の本番で行なわれる素晴らしい団体行動だと思われるかもしれません。一番上に登る子は、目立ってかっこいいかもしれません。しかしその組体操、危なくないかな? と思った経験はありませんか? 今回は、体育祭の本番で行なわれる組体操の演技から、その本番までの練習について考えを述べさせてください。

今回、アスリートナレッジ編集長の澤山さんから「組体操について書いてみて」と言われた際に、まず私自身が肯定派なのか、それとも否定派なのかということについて、慎重に過去の経験を思い出しながら考えました。最後に組体操を行なったのは中学3年生の体育祭ですから、実に4年前のことになります。しかしながら、組体操の議論をしている人々の中では、比較的最近に経験しているほうの人間だと思います。今回は、私自身の経験からお話できればと思います。
 
まず、組体操の良いところから。達成感はすごくあったと思います。やりきった、という皆で分かち合う感覚がありました……真剣に考えましたが、私にはそれ以外に良いと思えるところはありませんでした。

良いと思えない経験は、何個かありました。まず、上半身裸で行なうこと。体型が体型な私は、本当にイヤでした。2つ目は汚れること。ズボンは砂で汚れ、手も砂だらけ。そして、汚れを払うと「演技中だから止めなさい」と注意されます。私にとっては、かなり嫌な経験でした。サッカーでポジションがGKで汚れることに慣れている私でも、本当に嫌でした。そしてなにより、下で耐える人々にとっては苦痛でしかありません。体型が中途半端な私は、5段ピラミッドの横で2段ピラミッドを作らされるなど劣等感を感じたりもしました。
 

また、ケガをする人も見てきました。体育祭や運動会は、だいたいは大事なサッカーの大会と被ることが多いので「絶対にケガだけはしない」と細心の注意を払っていました。裸足で土のグラウンドを踏むわけで、石でも踏んで足の裏をケガしたら、プレーに100パーセント影響が出ます。高校の監督には、普通の体育でも足をケガしないよう「運動の際はサッカーソックスを履くように」と言われていました。サッカープレイヤーに限ったことでなく、スポーツ選手にとって、組体操はケガのリスクを背負ってやるものになっています。

そもそも体育祭、運動会でケガは絶対にさせてはいけないと思うのです。私自身も小学校6年生の時、応援団長ながら大事な大会があったので、組体操が終わった直後に移動し2試合をこなすという大変リスクのある行動をしていたのを思い出しました。その試合は私がPK2本止めて勝利した……なんてことはどうでもいいのですが(笑)。もしかしたら、その達成感からメンタル的に安定したという可能性はあります。けど、大事な時期が被る分、絶対にケガをしてはならない状況であるのは明白です。
 
私自身の経験を踏まえると、組体操は「集団行動ができている、まとまりがある」という学校側のパフォーマンスであり、言い過ぎかもしれませんが生徒はそのパフォーマンスの駒、一部に過ぎないのではないか? それぐらいの表現をしてもいいのかもしれません。本質を見ると、生徒を思ったものではなく、学校側の印象、および先生の満足に至っており、成功した生徒たちの達成感はその後に来ているのではないでしょうか?
 
部活をしている生徒がケガをしても、大会の日程は変わりません。組体操に変わる新たな集団行動を考えるか、もしくは集団で演技をする意味があるなら、安全性を配慮した取り組みを行なうべきだと考えます。
 
先ほど触れましたが、手に砂がついたり汚れた服を払おうとするだけで注意されるのは、汚れを払う行為に対して「乱れている」と思う先生側の意図があるからです。生徒は「技ができてかっこいい」と思うのかもしれませんが、先生は統一感、一体感を求めようとしているのではないでしょうか?
 
とにかく、組体操を全否定するわけではありません。事実、楽しかったと思える出来事もありました。しかし、痛いと思うことがあったり、実際にケガをする生徒がいたのは事実です。大事な大会前にそのような競技を行なうことが危険なのは、明白ではないかと思います。言葉上、体育は「健全な発達を促すもので、人間性を豊かにするもの」だと思います。ケガをさせてしまっては、元も子もないと思います。
 
人間性を豊かにするために一体感を求めるのも大切ですが、それは他競技、ピラミッドの様な危険なもの以外や、他種目でもできるもの。生徒の安全および部活動にも配慮した選択をしてほしいと思います。確かに勉強第一で間違いないと思いますが、それ以外も充実しての学校生活です。その代表例として、体育祭は生徒が楽しむものであってほしいと私は思います。

<了>

Photo:JoshBerglund19(2枚とも)