athlete knowledge

アスリートとアスリートを応援する人のための知識データベース

『社会統合』

地域にいるさまざまな人たち(年齢層、考え方、目的)をその地域に統合させていける場所が地域スポーツクラブと思うし、その役割を果たす使命がある。
地域クラブに参加してもらうことでその地域のボランティア活動を行い、参加してもらう。ボランティア活動自体に大きな社会性もあるが、地域スポーツクラブを通して強固なコミュニティができる。
また新しく移住してきた方々、これまで社会と距離のあった方々にとっても “仲間” ができる機会である。
このように地域スポーツクラブは、その地域社会の中でコミュニティの融和を図るための極めて重要な役割をもっている。またそうでなくてはならない。

『健康増進』

1 fitness 0023

スポーツクラブの役割、意義は単純にスポーツ種目だけを行って満足するだけではなく、地域の人の “健康増進” のために貢献していくことだ。
さまざまな病気に対する予防運動やリハビリテーションや目の不自由な方や身体障碍者向け、車椅子の方などのスポーツの提供も考えていく必要がある。健康増進、予防、そしてリハビリテーションといった明確な目標を掲げたプログラムを提供できることも考え、実施していくようでありたい。
そういった点で地域のスポーツクラブはただのスポーツクラブだけではなく、地域の “家庭医” 的な役割を果たしていけると。ものすごく大義あるポジションだ。

『社会活動への参加』

地域スポーツクラブいとって最も重要な資源といえば、参加者(会員)による自発的に行われるボランティア活動だ。
スポーツクラブの運営者、参加者がその地域のボランティア活動をすることで、スポーツクラブの意義が出るし価値の創造になる。クラブの理事はもちろん、指導者、コーチそして参加者が率先してコミュニティを組んで福祉活動を行う。またクラブが主催で行う、スポーツ大会や季節行事、清掃活動などを行うということであれば、わざわざ自治体がボランティアを募ることなく活動をすることができる。そしてそこで自治体と連携することでクラブもまたその地域での価値の向上となる。

『地域の各機関との連携』

地域スポーツクラブが提供する競技やプログラムの公益性の高さを考え、クラブは地域の公共の福祉を担う他の関連機関と友好な協力関係を結ぶ必要がある。
例えば、幼稚園や保育園。また地場産業の健康保険組合との連携。
子供の運動能力低下や肥満防止の施策の展開や各疾病の患者に対しての適切な運動プログラムの提供。リハビリテーション、再発防止など。このような連携をしていくことでスポーツクラブの価値向上を目指し、なくてはならない存在となりつつ参加者を増やしていくこともできる。