athlete knowledge

アスリートとアスリートを応援する人のための知識データベース

新着・注目レポート

もっと見る
9 ballsports 0040

“カレッジスポーツの華”ラクロスの魅力とは?

ラクロスと聞いて、パッと競技をイメージできる人はどのくらいいるでしょうか。日本ではまだまだマイナーなため、名前は聞いたことがあっても具体的にどういうスポーツなのかわからない人がほとんどだと思います。そこで、大学4年間を男子ラクロス部員として過ごした筆者が、ラクロスの魅力とその可能性について解説していきます。実はラクロスってすごくハードな競技で、就活にも有利な一面があるんです!

Master

スペイン式サッカー分析学13 プレッシングと後退 分析 〜バルセロナ〜

バイエルンミュンヘンの「プレッシングと後退」を分析しました。「プレッシングと後退」とは、例えば、グランドの高い位置(相手ペナルティエリア近く)でポゼッションを失った場合、ボールの近くにいる3、4人で「プレッシング」を掛け、残りの選手は自陣へ「後退」するチーム・アクションを言います。

Master

スペイン式サッカー分析学 11  プレッシング 分析 FCバイエルン・ミュンヘン

2014-2015 CL準決勝 ファーストレグ FCバルセロナ対FCバイエルンミュンヘン戦から、FCバイエルンミュンヘンの「プレッシング」を分析します。 「プレッシング」を分析する場合、どこでボールを失って、グランドのどこの場所に相手を追い込んでボールを取り戻しているのかを見ることが重要だと思います。どのようなディフェンスの方法で相手からボールを取り戻しているのか、ゾーンなのか、ミックスか、マンツーマンなのか、それともコンビネーションディフェンスなのかを分析することで、サッカーへの理解が深まり面白くなるのではないでしょうか。

Master

スポーツでの怪我でまず知っておくべき身体の反応

人は怪我をすると「自己防衛機能」が働きます。それを知ることで復帰へ向けて何をすべきかわかってきます。 病院で診察してもらうと、何日間または何週間、運動は控えてくださいってドクターに言われます。 その何日、何週間は何をすればいいのでしょうか?

Master

【使い分ける筋肉繊維】 

私たちが日々動いているときは必ず筋肉を使います。 そして何かを行うときには、正確に物事を成し遂げられるかどうかは脳と筋肉のつながりにあります。 トレーニングにおいてもリハビリにおいても基礎となる「生理学」 そのほんの触りの部分を話させていただきます。

Master

地面の押し方で変わる走り チェンジオブフォームという考え方

地面の押し方は身体の使い方=ランニングフォ-ムによって変わってきます。レースの駆け引きやペース変化が伴う勝負レース、起伏が伴うクロカンやロードレースにおいては、状況に適した身体の使い方を身につけ、「チェンジオブフォ-ム」ができるのも勝負に勝つ対策の1つかもしれません。

キーワード検索アスリートナレッジの中からニーズに合ったコンテンツが探せます。

関連キーワード検索

注目キーワード検索

関連キーワードで検索

おすすめレポート

もっと見る
0 ball 0047

観戦のおともにスコアブックを。今より10倍楽しい野球観戦をしよう!

ひとり観戦でも時間を有効に、そしてもっと野球に詳しくなるために。ただ見るだけではなく、スコアをつける練習をしてみませんか?何だか難しそうなイメージかもしれませんが、実際はそんなことはありません。「野球好き」なら挑戦してみることをお勧めします。

Master

​なぜ本田圭佑のFKは完璧に読まれたのか? 6失点してもなお心折れないアフガニスタン代表GK 分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

アスリートナレッジ編集部です。日本代表対アフガニスタン代表では、多くの分析ポイントがありましたが、アフガニスタンのGKについて焦点を当てる記事はあまり多くないと思います。カンボジアのソウ・ヤティ選手に続き、他の媒体であまり取り上げられない選手に山野陽嗣さんが焦点を当ててくださいました。「6失点したからGKはダメだった」と言わず、ぜひご覧ください。(取材日:2015年9月10日 取材・構成:澤山大輔[アスリートナレッジ編集部])