athlete knowledge

アスリートとアスリートを応援する人のための知識データベース

新着・注目レポート

もっと見る
9 ballsports 0040

“カレッジスポーツの華”ラクロスの魅力とは?

ラクロスと聞いて、パッと競技をイメージできる人はどのくらいいるでしょうか。日本ではまだまだマイナーなため、名前は聞いたことがあっても具体的にどういうスポーツなのかわからない人がほとんどだと思います。そこで、大学4年間を男子ラクロス部員として過ごした筆者が、ラクロスの魅力とその可能性について解説していきます。実はラクロスってすごくハードな競技で、就活にも有利な一面があるんです!

Master

スペイン式サッカー分析学13 プレッシングと後退 分析 〜バルセロナ〜

バイエルンミュンヘンの「プレッシングと後退」を分析しました。「プレッシングと後退」とは、例えば、グランドの高い位置(相手ペナルティエリア近く)でポゼッションを失った場合、ボールの近くにいる3、4人で「プレッシング」を掛け、残りの選手は自陣へ「後退」するチーム・アクションを言います。

Master

スペイン式サッカー分析学 11  プレッシング 分析 FCバイエルン・ミュンヘン

2014-2015 CL準決勝 ファーストレグ FCバルセロナ対FCバイエルンミュンヘン戦から、FCバイエルンミュンヘンの「プレッシング」を分析します。 「プレッシング」を分析する場合、どこでボールを失って、グランドのどこの場所に相手を追い込んでボールを取り戻しているのかを見ることが重要だと思います。どのようなディフェンスの方法で相手からボールを取り戻しているのか、ゾーンなのか、ミックスか、マンツーマンなのか、それともコンビネーションディフェンスなのかを分析することで、サッカーへの理解が深まり面白くなるのではないでしょうか。

Master

スポーツでの怪我でまず知っておくべき身体の反応

人は怪我をすると「自己防衛機能」が働きます。それを知ることで復帰へ向けて何をすべきかわかってきます。 病院で診察してもらうと、何日間または何週間、運動は控えてくださいってドクターに言われます。 その何日、何週間は何をすればいいのでしょうか?

Master

【使い分ける筋肉繊維】 

私たちが日々動いているときは必ず筋肉を使います。 そして何かを行うときには、正確に物事を成し遂げられるかどうかは脳と筋肉のつながりにあります。 トレーニングにおいてもリハビリにおいても基礎となる「生理学」 そのほんの触りの部分を話させていただきます。

Master

地面の押し方で変わる走り チェンジオブフォームという考え方

地面の押し方は身体の使い方=ランニングフォ-ムによって変わってきます。レースの駆け引きやペース変化が伴う勝負レース、起伏が伴うクロカンやロードレースにおいては、状況に適した身体の使い方を身につけ、「チェンジオブフォ-ム」ができるのも勝負に勝つ対策の1つかもしれません。

キーワード検索アスリートナレッジの中からニーズに合ったコンテンツが探せます。

関連キーワード検索

注目キーワード検索

関連キーワードで検索

おすすめレポート

もっと見る
Master

​必ず押さえたいビザの重要性。ドイツ下部やオーストラリア下部でプレーする選手が増えた“真の理由”とは? Text by 丸山龍也( @maru_ryuya)

アスリートナレッジをご覧の皆さん、こんにちは。リトアニアの丸山です。前回は「情報の発信と受信について」というテーマで、海外にトライする若手選手向けの記事を書かせていただきました。今回もそれに準ずる内容として、トライアウトやテストを視野に入れている選手は抑えておきたい「ビザ」について書かせていただきたいと思います。

8 baseball 0005

【ソフトボール】カテゴリ説明

ソフトボールは野球から派生した球技だが、グラウンド形態やボール、ルールが多少異なっている。アメリカで1887年に発明され、日本には1921年(大正10年)ごろにアメリカ留学から帰国した日本人によって紹介され普及し始めたといわれる。世界でも強豪国のひとつと数えられ、日本女子代表チームは世界選手権に1965年より出場。オリンピックの正式種目となった1996年以降、着実に力をつけていき、2008年北京オリンピックでは絶対的エース上野由岐子(ルネサンスエレクトロニクス高崎)を擁し、悲願の金メダルを獲得している。女子だけではなく男子代表チームも、2000年の世界選手権で準優勝に輝いた。大学生男子東京都リーグ1部の強豪、早稲田大学からは日本初のソフトボール界からプロ野球選手となった大嶋匠(北海道日本ハム)がいる。国内でも社会人リーグ、学生の全日本大会等多くの大会が開催されており、老若男女問わず、娯楽としても広く楽しまれているスポーツだ。

12 ski 0050

【フリースタイル】カテゴリ説明

スキーで滑走しながら、エア(ジャンプしながら技を行う)などの技を披露するスポーツ。競技のなかには、凸凹のコブがある斜面を滑りながら途中でエアを行い速さと技術を競う「モーグル」、赤・青のコースに分かれた2人が同時に斜面を滑り1対1で勝ち抜けを競う「デュアルモーグル」、エア競技のみを競う「エアリアル」、複数の人数で同時に滑走し、カーブやジャンプ台のあるコースを滑走してスピードを競う「スキークロス」、半円筒状の斜面を使用してエアの技術を競う「ハーフパイプ」などがある。その歴史は、1930年代にノルウェーでクロスカントリースキーなどのトレーニングの合間に、アクロバットを行ったのが始まりとされる。1980年からW杯が開催され、1992年アルベールビル五輪からオリンピックの正式種目となった。トリック(技)にはただのジャンプだけではなくひねりを加えたエア、スピン、手を使って板を掴むグラブ、ターンといったたくさんの種類がある。なかには怪我の危険がある高度な技もあり練習には注意が必要だ。