athlete knowledge

アスリートとアスリートを応援する人のための知識データベース

プロフィール

バスケットの司令塔ポジションとして、学生・社会人で合計10度の日本一を達成。 その経験のなかで構築した、オリジナルのバスケットノウハウ『考えるバスケット』を日本各地に広める活動を行っている。 平日は地元山口県下関に起ち上げた、県内初のバスケットボールスクール「関門バスケットボールアカデミー」を運営。子供から社会人まで幅広い層を対象にバスケット指導を行っている。 2014年引退後、東京赤坂のプロコーチ養成スクール「チームフロー」にて、アスリートを成功に導く「コーチングスキル」を習得。プレーヤー時代の知識、スキル、経験に、世界水準のコーチングテクノロジーを融合した独自の指導メソッドを考案。 日本各地のバスケットコーチを対象に、セミナーや講演活動を行っている。 NBL、bjリーグ、実業団選手向けに1to1のメンタルコーチも行っている。

得意分野

考えるバスケットコンサルタント/司令塔目線から独自のバスケット理論を提唱

エキスパートからの挨拶

初めまして。考えるバスケットの会 会長の中川直之です。 私は専修大学を卒業後、九州の実業団チーム九州電力アーティサンズで日本一を目指してプレーしてきました。 仕事をしながらバスケットをする実業団というカテゴリでは、十分な練習時間が確保できなかったり、残業で練習に行けなかったり、行ってもメンバーが集まらなかったり、、等々、さまざまな制約がありました。 そんななか、相手あってのスポーツバスケットで他チームと”違い”をつくることに成功し、日本一のタイトルを何度も獲得できた一番の要因は、考えてプレーしてきたことだと思います。 引退後、プレーヤー時代に構築したこのオリジナルのバスケットノウハウ「考えるバスケット」を全国各地のプレーヤー、コーチに広める活動を行っています。北は山形、南は鹿児島、20県は回ったと思います。当面、47都道府県制覇を目標に活動を続けていきます。 こんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

経歴・資格

おすすめ書籍