athlete knowledge

アスリートとアスリートを応援する人のための知識データベース

レポート

Master

スポーツでの怪我でまず知っておくべき身体の反応

人は怪我をすると「自己防衛機能」が働きます。それを知ることで復帰へ向けて何をすべきかわかってきます。 病院で診察してもらうと、何日間または何週間、運動は控えてくださいってドクターに言われます。 その何日、何週間は何をすればいいのでしょうか?

Master

【使い分ける筋肉繊維】 

私たちが日々動いているときは必ず筋肉を使います。 そして何かを行うときには、正確に物事を成し遂げられるかどうかは脳と筋肉のつながりにあります。 トレーニングにおいてもリハビリにおいても基礎となる「生理学」 そのほんの触りの部分を話させていただきます。

7 soccer 0012

筋肉の反射のタイミングとは!?

筋肉といえば、強い方が良い!柔らかい方が良い!と一般的には考えられているかもしれません。時と場合によっては大事かもしれませんが、スポーツをする上、怪我を予防する上ではもっと大事なことがあります。 それは「タイミング」です。 筋肉のタイミングって!?

Master

【筋肉が硬いのは悪いこと!?】

よく耳にする「筋肉が固まったー!」「筋肉が固いから痛い・・」 これはもう挨拶みたいに使われていますよね? 果たして筋肉が固い(硬い)ことは本当に悪いことだけなのでしょうか?

0 image 0045

【筋機能の考察とそこからのアプローチ方法】 

筋肉はそれぞれが役割があり、それも1つの役割だけを担っているわけではありません。そしてそれは他の筋肉と共に働いています。 トレーニングや治療も一つのことだけにアプローチしていませんか? しっかりした基礎知識と広い視野で考えてみましょう!

Master

【痛みと機能不全の関係】

怪我をすると痛みがあります。ただ目の前の痛みだけを治すだけでは、アスリートとしてパフォーマンスに繋がりません! 痛みがあるときに出来ることとは!? その時こそパフォーマンスアップのチャンスです!

0 ball 0008

【筋機能の分析〜観点を少し変えてみよう!】

私たちに必要不可欠な筋肉。運動で使うものが筋肉と考えがちですが、内臓や心臓も筋肉です。 一般的にスポーツなどで動かしている筋肉を骨格筋と言いますが、これにはちゃんとした役割があるのです! その役割を知ることがパフォーマンス向上の鍵になるのです!

Master

スポーツでの怪我でまず知っておくべき身体の反応

人は怪我をすると「自己防衛機能」が働きます。それを知ることで復帰へ向けて何をすべきかわかってきます。 病院で診察してもらうと、何日間または何週間、運動は控えてくださいってドクターに言われます。 その何日、何週間は何をすればいいのでしょうか?

Master

【使い分ける筋肉繊維】 

私たちが日々動いているときは必ず筋肉を使います。 そして何かを行うときには、正確に物事を成し遂げられるかどうかは脳と筋肉のつながりにあります。 トレーニングにおいてもリハビリにおいても基礎となる「生理学」 そのほんの触りの部分を話させていただきます。

7 soccer 0012

筋肉の反射のタイミングとは!?

筋肉といえば、強い方が良い!柔らかい方が良い!と一般的には考えられているかもしれません。時と場合によっては大事かもしれませんが、スポーツをする上、怪我を予防する上ではもっと大事なことがあります。 それは「タイミング」です。 筋肉のタイミングって!?

Master

【筋肉が硬いのは悪いこと!?】

よく耳にする「筋肉が固まったー!」「筋肉が固いから痛い・・」 これはもう挨拶みたいに使われていますよね? 果たして筋肉が固い(硬い)ことは本当に悪いことだけなのでしょうか?

0 image 0045

【筋機能の考察とそこからのアプローチ方法】 

筋肉はそれぞれが役割があり、それも1つの役割だけを担っているわけではありません。そしてそれは他の筋肉と共に働いています。 トレーニングや治療も一つのことだけにアプローチしていませんか? しっかりした基礎知識と広い視野で考えてみましょう!

Master

【痛みと機能不全の関係】

怪我をすると痛みがあります。ただ目の前の痛みだけを治すだけでは、アスリートとしてパフォーマンスに繋がりません! 痛みがあるときに出来ることとは!? その時こそパフォーマンスアップのチャンスです!

0 ball 0008

【筋機能の分析〜観点を少し変えてみよう!】

私たちに必要不可欠な筋肉。運動で使うものが筋肉と考えがちですが、内臓や心臓も筋肉です。 一般的にスポーツなどで動かしている筋肉を骨格筋と言いますが、これにはちゃんとした役割があるのです! その役割を知ることがパフォーマンス向上の鍵になるのです!