athlete knowledge

アスリートとアスリートを応援する人のための知識データベース

レポート

Master

​ミハエル・ミキッチは“滑るように”動く。フィジカリズム動作解析 by 川端翔太( @bonnevillerec)

「この選手は、どうしてこんなに力強いのか」「芯を食ったシュートが打てるのか」「何度も上下動できるのか」……そういった部分は、今まで単なるパワーやスピード、スタミナといった部分で解釈されてきたことが多いと思います。見たままを解釈しても、それほど不便はないでしょう。しかし、それらの動きをきちんと分析し、真似できない天性の部分と、後天的に習得可能な部分に分けられるなら、これは非常に意味があるのではないでしょうか。

Master

教師が部活顧問を兼ねるのは“当然のこと”か? これ以上、過労死する指導者が出る前に。 冨澤拓海(18歳、@tomi_football_7)

アスリートナレッジ編集部・澤山です。部活動における教師の負担は、社会問題として徐々に認知されつつあります。しかしその度合いはまだまだ小さく、多くの方の認識として、教師が部活動顧問を兼ねることは当然視されているのが現状ではないでしょうか。

Master

​なぜ本田圭佑のFKは完璧に読まれたのか? 6失点してもなお心折れないアフガニスタン代表GK 分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

アスリートナレッジ編集部です。日本代表対アフガニスタン代表では、多くの分析ポイントがありましたが、アフガニスタンのGKについて焦点を当てる記事はあまり多くないと思います。カンボジアのソウ・ヤティ選手に続き、他の媒体であまり取り上げられない選手に山野陽嗣さんが焦点を当ててくださいました。「6失点したからGKはダメだった」と言わず、ぜひご覧ください。(取材日:2015年9月10日 取材・構成:澤山大輔[アスリートナレッジ編集部])

Master

​西川周作の足元は本当に“ワールドクラス”か? 全盛期の川島永嗣を超えるGKを輩出するために 分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

アスリートナレッジ編集部です。恒例となってきた日本代表戦におけるGK分析について、おなじみ山野陽嗣さんに分析をお願いしました。前回のカンボジア戦では、これまでになくハイボールに対して飛び出そうとするなど積極的な姿勢が見受けられましたが、この試合での評価はやや厳しいものになりました。もちろん、山野さんのこれまでの記事同様、優れたプレーにはきちんと賞賛を述べる是々非々の形でお届けいたします。(取材日:2015年9月10日 取材・構成:澤山大輔[アスリートナレッジ編集部])

Master

​「自分たちの」から「相手を壊す」サッカーへ。戦術的な発展段階にある日本代表 アフガニスタン戦分析:五百蔵容( @500zoo)

アスリートナレッジ編集部です。8日に行なわれたサッカー日本代表対アフガニスタン戦は、6-0で日本が圧勝しました。カンボジア戦に対する批判も多い中ですが、本欄でも触れたとおりハリルホジッチ監督のチームはカンボジア戦から地続きで発展し続けていることを証明した試合になったと思います。 その中でも特筆すべきは、どういう部分だったのでしょうか? 分析家・五百蔵容(いほろい・ただし)さんに分析を依頼しました。

Master

「スペースのありか」を共有しはじめたハリルホジッチと選手たち カンボジア代表戦分析( 五百蔵容 @500zoo)

日本代表対カンボジア代表戦では、多くの発見が得られました。そのうち「スペースのありか」については、特に顕著な発見が伺えたと思います。分析家・五百蔵容(いほろい・ただし)さんはどのようにこの試合を見たのでしょうか。

Master

​まぐれは一つもなかったカンボジアの守護神 日本代表を苦しめたGKソウ・ヤティ選手(カンボジア代表) 分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

アスリートナレッジ編集部です。本日は2本同時のアップとなります、西川周作選手の分析に続いては0-3で敗れたとはいえ多くのファインセーブを見せたカンボジアGKソウ・ヤティ選手の分析をお届けします。分析者は、引き続きGKコーチ山野陽嗣さんです。

Master

「無失点は当たり前」と断じる前に。カンボジア戦で見せた、西川周作の積極性の数々。分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

​アスリートナレッジ編集部です。日本代表の3-0の勝利で終わったカンボジア代表戦、あまりプレー機会がなく評価しづらいと思われるGK西川周作選手について、おなじみGKコーチ山野陽嗣さんにお話を伺いました。

Master

​ミハエル・ミキッチは“滑るように”動く。フィジカリズム動作解析 by 川端翔太( @bonnevillerec)

「この選手は、どうしてこんなに力強いのか」「芯を食ったシュートが打てるのか」「何度も上下動できるのか」……そういった部分は、今まで単なるパワーやスピード、スタミナといった部分で解釈されてきたことが多いと思います。見たままを解釈しても、それほど不便はないでしょう。しかし、それらの動きをきちんと分析し、真似できない天性の部分と、後天的に習得可能な部分に分けられるなら、これは非常に意味があるのではないでしょうか。

Master

教師が部活顧問を兼ねるのは“当然のこと”か? これ以上、過労死する指導者が出る前に。 冨澤拓海(18歳、@tomi_football_7)

アスリートナレッジ編集部・澤山です。部活動における教師の負担は、社会問題として徐々に認知されつつあります。しかしその度合いはまだまだ小さく、多くの方の認識として、教師が部活動顧問を兼ねることは当然視されているのが現状ではないでしょうか。

Master

​なぜ本田圭佑のFKは完璧に読まれたのか? 6失点してもなお心折れないアフガニスタン代表GK 分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

アスリートナレッジ編集部です。日本代表対アフガニスタン代表では、多くの分析ポイントがありましたが、アフガニスタンのGKについて焦点を当てる記事はあまり多くないと思います。カンボジアのソウ・ヤティ選手に続き、他の媒体であまり取り上げられない選手に山野陽嗣さんが焦点を当ててくださいました。「6失点したからGKはダメだった」と言わず、ぜひご覧ください。(取材日:2015年9月10日 取材・構成:澤山大輔[アスリートナレッジ編集部])

Master

​西川周作の足元は本当に“ワールドクラス”か? 全盛期の川島永嗣を超えるGKを輩出するために 分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

アスリートナレッジ編集部です。恒例となってきた日本代表戦におけるGK分析について、おなじみ山野陽嗣さんに分析をお願いしました。前回のカンボジア戦では、これまでになくハイボールに対して飛び出そうとするなど積極的な姿勢が見受けられましたが、この試合での評価はやや厳しいものになりました。もちろん、山野さんのこれまでの記事同様、優れたプレーにはきちんと賞賛を述べる是々非々の形でお届けいたします。(取材日:2015年9月10日 取材・構成:澤山大輔[アスリートナレッジ編集部])

Master

​「自分たちの」から「相手を壊す」サッカーへ。戦術的な発展段階にある日本代表 アフガニスタン戦分析:五百蔵容( @500zoo)

アスリートナレッジ編集部です。8日に行なわれたサッカー日本代表対アフガニスタン戦は、6-0で日本が圧勝しました。カンボジア戦に対する批判も多い中ですが、本欄でも触れたとおりハリルホジッチ監督のチームはカンボジア戦から地続きで発展し続けていることを証明した試合になったと思います。 その中でも特筆すべきは、どういう部分だったのでしょうか? 分析家・五百蔵容(いほろい・ただし)さんに分析を依頼しました。

Master

「スペースのありか」を共有しはじめたハリルホジッチと選手たち カンボジア代表戦分析( 五百蔵容 @500zoo)

日本代表対カンボジア代表戦では、多くの発見が得られました。そのうち「スペースのありか」については、特に顕著な発見が伺えたと思います。分析家・五百蔵容(いほろい・ただし)さんはどのようにこの試合を見たのでしょうか。

Master

​まぐれは一つもなかったカンボジアの守護神 日本代表を苦しめたGKソウ・ヤティ選手(カンボジア代表) 分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

アスリートナレッジ編集部です。本日は2本同時のアップとなります、西川周作選手の分析に続いては0-3で敗れたとはいえ多くのファインセーブを見せたカンボジアGKソウ・ヤティ選手の分析をお届けします。分析者は、引き続きGKコーチ山野陽嗣さんです。

Master

「無失点は当たり前」と断じる前に。カンボジア戦で見せた、西川周作の積極性の数々。分析:山野陽嗣( @yoji_yamano)

​アスリートナレッジ編集部です。日本代表の3-0の勝利で終わったカンボジア代表戦、あまりプレー機会がなく評価しづらいと思われるGK西川周作選手について、おなじみGKコーチ山野陽嗣さんにお話を伺いました。